MENU

横浜市鶴見区、川崎市川崎区の外壁塗装・屋根・雨漏りはえいぶす・ペイントにお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-882 受付時間 9:00~19:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい クオカードプレゼント中

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > モルタルとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

モルタルとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

塗装の豆知識

2022.05.03 (Tue) 更新

横浜市鶴見区・川崎市川崎区の皆様こんにちは!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントです!

 

いつもえいぶす・ペイントのWEBサイトをご覧くださり、誠にありがとうございます。

今回はシリーズ「外壁材の種類と特徴②」からモルタルとは?をご紹介したいと思います!

 

シリーズ第一弾「窯業系サイディングとは?」はこちらから↓↓ご覧いただけます。

 

窯業系(ようぎょうけい)サイディングとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

 

すぐにお申込みされたい方~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-303-882
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~

 

モルタルとは何か?

 

「モルタル」という言葉を知っている人は多いのではないでしょうか?

モルタルの歴史は古く、1960年から1980年代までは日本の戸建て住宅の外壁に多く採用されてきました。

現在はサイディングにシェアトップの座を奪われているモルタルですが、そのデザイン製の高さからオンリーワンの外壁を求めるユーザーに根強い支持を得ています。

 

 

横浜市鶴見区川崎市川崎区えいぶすペイント

 

 

コンクリートとの違い

モルタルはセメントと砂、水を練り合わせて作られており、コンクリートはモルタルの材料にさらに「砂利」を混ぜ合わせて練り合わせ、強度を高めたものになります。

モルタルは「砂利」が含まれていないことにより柔軟性が高く、用途が豊富なので、床材やタイルやレンガなどを貼り付ける際の下地材などにも利用されています。

 

 

メリットとデメリット

「細骨材」と呼ばれる砂と水とセメントを練り合わせて作るモルタルは不燃材料として告示されており、防火性が高く、火災時には20分のあいだ燃焼を防ぐことができます。

一般的にラス網という金属の網に左官し、壁に直接モルタルを塗り込んで施工されるので継ぎ目がなく、耐久性に優れているのも特徴です。

また、あたたかみのあるモルタル特有の仕上がりが絶大な支持を得ており、バリエーション豊かな表情は美観に優れています。

 

モルタルは優秀な外壁材でもある一方で、水を混ぜ合わせて作られている為乾燥後にヒビが入りやすいのが特徴です。

また表面が細かく凹凸があるデザインのモルタル外壁であれば、汚れがたまりやすいので定期的なメンテナンスが必要になります。

 

 

メンテナンスの必要性

防火性・耐用性に優れたモルタルですが、もちろん定期的なメンテナンスは必要になってきます。

ここからは、どのような場合にメンテナンスが必要になるのかをご紹介してゆきます。

 

横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

 

 

モルタル外壁の劣化症状をセルフチェック!

新築から3~5年程度で劣化が始まると言われているモルタル外壁

その原因は、モルタルが強アルカリ性のため、新築時に10年以上もつ高機能の塗料を塗ることができないからとされています。

 

以下のポイントをおさえて劣化症状をセルフチェックしてみましょう。

 

1.苔やカビ

常に水を吸い込んでジメジメしている状態の外壁は、苔やカビが発生します。

たかが苔と侮ってはいけません。これも立派なモルタル外壁劣化のサインです。

 

主に北側の壁や、日光が当たらない場所に発生しやすい劣化症状ですが、深く根をはり増殖する苔やカビは見た目にも悪く、モルタルの耐久性を落としますので注意が必要です。

 

 

 

2.チョーキング

外壁に触れた際に手に粉状のものがつく現象をチョーキングといいます。

これは紫外線や雨風などで塗膜が劣化して白色顔料が粉化することが主な原因です。

サイディング外壁と同様に、チョーキングを発見した場合、塗装本来の機能が失われつつあるという状況だと認識しておきましょう。

 

 

横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

 

3.ひび割れ

モルタルはひび割れに弱い外壁材です。

施工後から徐々に硬化収縮することでひびが発生し、地震や近隣工事の際の揺れなど、建物に負荷が生じるたびに進行する恐れがあります。

幅0.3mm以上、深さ4mm以上のひび割れを見つけたら要注意です。

ひび割れが雨水が侵入し内部を腐らせる可能性がありますので、早めの補修が必要になってきます。

 

 

横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

 

4.表面の浮き・剥がれ

長年雨風に晒されることにより、モルタルや塗装の付着力が低下し、外壁表面の浮きや剥がれが発生します。

下地が露出した状態で放置するとお家自体が痛む原因にも。

見つけた場合は早めのメンテナンスを行いましょう。

 

横浜市鶴見区川崎市川崎区えいぶすペイント

 

 

劣化が気になる場合は早めの診断を

いかがでしたか?

今回のブログでは、サイディングに引き続きモルタル外壁のセルフでの劣化チェック方法をご紹介しましたが、不安に思われる方はまずは一度、外壁塗装のプロに診断してもらうのが良いでしょう。

 

えいぶす・ペイントでは外壁劣化診断を無料で行っております!

必要のない工事は一切おすすめしておりませんので安心してご相談くださいね!

 

 

次回のシリーズ第3弾「ALC外壁とは?」はこちらから↓↓ご覧いただけます。

ALCパネルとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

 

 

すぐにお申込みされたい方~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-303-882
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~

 

 

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントの施工事例はこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイント自慢のショールームページはこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントこだわりの商品ページはこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントへのお問い合わせ・ご相談はこちらから!!

 

外壁塗装&屋根・雨漏り専門店 えいぶす・ペイントへようこそ

株式会社EIVS

代表取締役 池原 繁尊
ikehara shigetaka

はじめまして。えいぶす・ペイント(株式会社EIVS)の池原と申します。

生まれ育った横浜市鶴見区で塗り替え専門店を営んでおります。
『ひとりでも多くの人を笑顔にする』という経営理念のもと、
十数年に一度の大切なお家の塗替え工事を、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、「笑顔」になっていただけるよう、お客様に寄り添った工事をご提案して参ります。

株式会社EIVS 代表取締役 池原繁尊

  • ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイントショールーム

    〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~19:00(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

0120-303-882
受付時間 9:00~19:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 無料 外壁塗装ショールームへお越しください!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-303-882 受付 9:00~19:00(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

お問い合わせフォーム

横浜市の外壁塗装&屋根・雨漏り専門店えいぶす・ペイント 外壁塗装&屋根・雨漏り専門店
えいぶす・ペイント

〒230-0042
神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
TEL:0120-303-882

日新産業 住まいの健康診断