MENU

横浜市鶴見区、川崎市川崎区の外壁塗装・屋根・雨漏りはえいぶす・ペイントにお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-882 受付時間 9:00~19:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい クオカードプレゼント中

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 窯業系(ようぎょうけい)サイディングとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

窯業系(ようぎょうけい)サイディングとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

塗装の豆知識

2022.02.20 (Sun) 更新

横浜市鶴見区・川崎市川崎区の皆様こんにちは!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントです!

 

いつもえいぶす・ペイントのWEBサイトをご覧くださり、誠にありがとうございます。

今回は新シリーズ「外壁材の種類と特徴」から窯業系サイディングとは?」をご紹介したいと思います!

 

すぐにお申込みされたい方~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-303-882
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~

 

サイディングとは?

 

一戸建ての住宅の購入を検討しはじめたあたりから「サイディング」という言葉をよく耳にしませんでしたか?

 

サイディングは、その耐久性の高さと外観の美しさから外壁材として人気を集めており、日本では主に「窯業系」「金属系」「樹脂系」「木材系」の4種類が採用されています。

 

その中でも「窯業系(ようぎょうけい)サイディング」は、今や日本の新築戸建ての約75%に使用されていると言われているんですよ!

 

 

窯業系サイディングの歴史

窯業系サイディング材の歴史は長く、1970年代に産声を上げましたが当時主流だったモルタルの人気を超えることができませんでした。

 

しかし、1990年代の洋風建築の流行を経てサイディングが主流の時代が到来!

 

レンガやタイル柄のプリントを施す技術がブームと共に向上し、現在では本物さながらの高級感溢れる質感や表情に様々な機能を兼ね備えるようになりました。

 

 

選ばれる理由やメリット

窯業系サイディングはセメントを主とし、繊維質原料(石綿以外)、混和材料を配合して板状に形成されています。

 

JIS規格にも規定され工場で生産されている為、現場の職人の腕に左右されずに一定の品質を保てることや、その工期の短さや工費の安さが一定の支持を得ています。

 

また、製品化されているので豊富なラインナップからデザインやカラーを選ぶことができ、耐久性に優れ、防汚など様々な機能備えたものも多く、外壁材として多岐にわたる選択を可能にするのが窯業系サイディングが選ばれる理由の一つだと言われています。

 

メンテナンスの必要性

窯業系サイディングの寿命は30年から40年と言われていますが、メンテナンスを怠れば雨や風などの外的要因により劣化が早まるのは必然的です。

 

雨漏りや建物全体を劣化から守り、長く外壁としての性能を保つには定期的なメンテナンスが必要になってきます。

 

一般的な窯業系サイディングのメンテナンス時期は7~8年間隔と言われていますが、劣化症状によっては早急なメンテナンスが必要になることもあります。

 

 

サイディングの劣化症状をセルフチェック!

以下のポイントをおさえて劣化症状をセルフチェックしてみましょう。

 

1.チョーキング

川崎市川崎区横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

外壁に触れた際に手に粉状のものがつく現象をチョーキングといいます。

これは紫外線や雨風などで塗膜が劣化して白色顔料が粉化することが主な原因です。

チョーキングを発見した場合、塗装本来の機能が失われつつあるという状況だと認識しておきましょう。

 

2.塗膜のはがれ

横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

サイディングボードは性質上水に弱く、継続的な雨天に晒され水分が滲み込んだままになると、塗膜はがれが起きることがあります。

塗膜が剥がれた箇所から雨水が浸入すると建物内部の腐食が徐々に進み、最悪の場合建物の寿命が大幅に縮んでしまうことも。。。

塗膜のはがれを見つけた際は、なるべく早めに塗装による補修を考えなければなりません。

 

3.ひび割れ(クラック)

横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

劣化した塗膜の表面が気温や湿度の外的要因により収縮と誇張を繰り返すことでクラックが発生します。

見つけた場合は、そのまま放置しておくとどんどんひび割れが進行し、雨水が建物内部を侵食してしまいます。

クラックも劣化が進めば進むほど建物の寿命を縮めてしまいますので、早めの対応が必要になります。

 

4.シーリング(コーキング)の劣化

横浜市鶴見区えいぶす・ペイント

サイディング外壁で一番に劣化が始まる部分がサイディング材同士の隙間を埋めるシーリングです。

堅いサイディング材とは異なり、弾性があるシーリングは劣化が早く、その寿命はおよそ5~10年とされています。

シーリングが経年劣化で瘦せた箇所からひび割れがおき、こちらも放置してしまうと雨水が侵食する場合も。。。

日照条件や気候条件で劣化スピードに幅がありますが、比較的劣化の分かりやすい箇所ではあるので、メンテナンスを考える1つの目安にすると良いかもしれません。

 

 

劣化箇所が気になる場合は早めの診断が◎

いかがでしたか?

今回のブログではセルフでのチェック方法をご紹介しましたが、不安に思われる方はまずは一度、外壁塗装のプロに診断してもらうのが良いでしょう。

 

えいぶす・ペイントでは外壁劣化診断を無料で行っております。

もちろん、必要のない工事は一切おすすめしておりませんので安心してご相談くださいね!

 

次回のシリーズ第二弾「モルタルとは?」はこちらから↓↓ご覧頂けます!!

 

モルタルとは?【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

 

すぐにお申込みされたい方~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-303-882
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~

 

 

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントの施工事例はこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイント自慢のショールームページはこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントこだわりの商品ページはこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントへのお問い合わせ・ご相談はこちらから!!

 

外壁塗装&屋根・雨漏り専門店 えいぶす・ペイントへようこそ

株式会社EIVS

代表取締役 池原 繁尊
ikehara shigetaka

はじめまして。えいぶす・ペイント(株式会社EIVS)の池原と申します。

生まれ育った横浜市鶴見区で塗り替え専門店を営んでおります。
『ひとりでも多くの人を笑顔にする』という経営理念のもと、
十数年に一度の大切なお家の塗替え工事を、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、「笑顔」になっていただけるよう、お客様に寄り添った工事をご提案して参ります。

株式会社EIVS 代表取締役 池原繁尊

  • ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイントショールーム

    〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~19:00(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

0120-303-882
受付時間 9:00~19:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 無料 外壁塗装ショールームへお越しください!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-303-882 受付 9:00~19:00(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

お問い合わせフォーム

横浜市の外壁塗装&屋根・雨漏り専門店えいぶす・ペイント 外壁塗装&屋根・雨漏り専門店
えいぶす・ペイント

〒230-0042
神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
TEL:0120-303-882

日新産業 住まいの健康診断