MENU

横浜市鶴見区の外壁塗装・屋根・雨漏りはえいぶす・ペイントにお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-882 受付時間 9:00~19:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい クオカードプレゼント中

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 【付帯部】塗装すべき箇所はずばりここ!【横浜市鶴見区川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

【付帯部】塗装すべき箇所はずばりここ!【横浜市鶴見区川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

塗装の豆知識

2022.09.04 (Sun) 更新

神奈川県横浜市鶴見区・川崎市の皆様こんにちは!

神奈川県横浜市鶴見区・川崎市地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店

えいぶす・ペイント

黒田です。

前回は外壁塗装と一緒に付帯部塗装してあげることの重要性についてお話させていただきました。

前回のお話を閲覧したい方はこちら↓

今回は、実際にどの付帯部を塗ってあげたらいいのかお話させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

すぐにお申込みされたい方~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-303-882
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~

塗るべき付帯部はこの9点!ぜひ参考に

では、実際に塗装すべき付帯部をご紹介させていただきます。

雨樋

雨樋(あまどい)は、外壁・屋根の周辺に付帯しています。家庭にもよりますが、

お住まいの多くはこの、雨樋は、【塩化ビニル】というプラスチックの製品となっております。
プラスチックは、衝撃に弱く、また、紫外線の影響もうけやすいです

塗装せずに長期間紫外線等のダメージが加わると、最終的に割れてしまいます
※中には、塗装しなくても良い素材の雨樋もございますので、

外装塗装見積もり、現地調査を受ける際はしっかりと目を通しましょう!

軒天

ベランダ・屋根の裏側の部分を指す【軒天 のきてん】も塗装したほうが良いです。
軒天は、屋根の湿気を逃してくれる役割がある箇所なので、

透湿性の高い、専用の塗料で塗布してあげることが大切です。

破風板

【破風 はふ】は、色々な種類の破風が存在がしますが

(破風はとっても奥深いので、また別の機会について詳しくお話させていただきますね)屋根の側面に付いております。
こちらの破風板の素材も多くは木材・ケイカル板で作られております。
木部は特に劣化が早いので、美観維持・素材の状態保持のためにも塗装がおすすめです。

【庇 ひさし】の素材も、スチール(鉄)であることが多いです。
鉄は、濡れたまま放置してしますと、どんどん錆びてきてしまいます。
錆が進行いたしますと、そこから穴が開いてしまい、

その穴から雨漏りが浸水、室内の雨漏りへと発展してしまうのです。

雨漏り対策のためにも、庇の塗装は必要です。

・雨戸/戸袋/シャッターボックス

窓を保護する役割の雨戸/戸袋「/シャッターボックスも、上記の庇同様、スチール(鉄)でできております。

素材が・銅板・アルミである場合は塗装不要でございます。

・換気フード/水切り

外壁に付帯している換気フードや、基礎と外壁の間にある水切りも、スチール(鉄)でできている場合、

塗装が必要になってきます。
こちらの付帯部は、換気フードもあまり大きさがなく、

水切りも地面に近い箇所にあるので気づかれにくいですが、

外壁塗装の見積もりの際は、契約内容に含まれているかチェックしましょう。

幕板

飾り板である【幕板 まくいた】。

こちらは上記で説明した破風板と同様の素材で仕上がっている場合が多いため、塗装が必要になっております。
メンテナンスを怠ると、美観が損なわれる上に、耐久性も落ちてきてしまいます。

劣化が進むと、交換が必要になるケースも発生するため、定期的な塗装が必要です。

・ウッドデッキ

木部でできていることが多いウッドデッキは、雨風や紫外線の影響を受けやすく、劣化のスピードも早いです。

劣化が進行すると、腐植した木から【シロアリ】がくる可能性もでてきますので、
劣化したまま放っておくと、木が腐植してシロアリが寄ってくる可能性もあるため、

塗装を行いましょう。

なお、樹脂でできたウッドデッキは塗料が必要ありません。

▼シロアリについての記事はこちらから▼

シロアリ防除工事も承っております!!【横浜市鶴見区・川崎市川崎区】外壁塗装・屋根塗装専門店 えいぶす・ペイント

門塀

門塀、こちらもモルタルで仕上がっている場合は塗装が必要です。
約3~5年でモルタルはひびが入り始める可能性があるので、塗装で劣化の進行を防ぎましょう。

下記に、それぞれの付帯部の相場金額を記載いたしましたので、外壁・付帯部塗装する際にぜひ参考にしてみてください

雨樋1m当たり…1,000~1,800円
軒天1㎡あたり…1,000~1,800
破風板1m当たり…1,000~1,400円
庇1箇所あたり…2,000~3,000円
雨戸・戸袋=…2,000~3,500円/枚
シャッターボックス=…2,000~4,000円/箇所
換気フード=2,000~4,000円/個
水切り=300~800円/m
幕板1m当たり800~1,500円
門堀1㎡あたり2000~3,000円

付帯部塗装で大切なこと

きっと記事を見てお気づきになった方もいらっしゃると思います。

そう、付帯部で塗ってあげたほうがいい、塗らなくていいの基準は、主に「素材」でございます。

塗装しなくも良い箇所を塗装してしまうと、逆に劣化の恐れがあるので注意が必要です!

自分の住まいの付帯部がどの素材でできているのか、外壁塗装相談の際は、ぜひ信頼のできる業者へ!!!

すぐにお申込みされたい方~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~
お電話でのお申込み ⇒ 0120-303-882
ホームページからのお申込み ⇒ お問い合わせフォーム
※お気軽にご相談ください!~横浜市鶴見区・川崎市川崎区の方~

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイント自慢のショールームページはこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントこだわりの商品ページはこちらから!!

横浜市鶴見区・川崎市川崎区地域密着の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントへのお問い合わせ・ご相談はこちらから!!

外壁塗装&屋根・雨漏り専門店 えいぶす・ペイントへようこそ

株式会社EIVS

代表取締役 池原 繁尊
ikehara shigetaka

はじめまして。えいぶす・ペイント(株式会社EIVS)の池原と申します。

生まれ育った横浜市鶴見区で塗り替え専門店を営んでおります。
『ひとりでも多くの人を笑顔にする』という経営理念のもと、
十数年に一度の大切なお家の塗替え工事を、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、「笑顔」になっていただけるよう、お客様に寄り添った工事をご提案して参ります。

横浜は海が近いこともあり、外壁・屋根の劣化が比較的早い地域です。そのため、外壁・屋根は皆様が思うよりはるかに劣化が進んでしまいます。ぜひ一度、外壁・屋根診断を受けていただき、外壁塗装・屋根塗装をご検討していただきたいと思っております。

横浜市の外壁・屋根でお困りの方は、えいぶす・ペイントにご連絡ください。私たちが責任をもって施工いたします。

株式会社EIVS 代表取締役 池原繁尊

  • ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイントショールーム

    〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~19:00(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

0120-303-882
受付時間 9:00~19:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

現場ブログ・新着情報STAFF BLOG

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 無料 外壁塗装ショールームへお越しください!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-303-882 受付 9:00~19:00(スタッフ不在時は電話に出られないことがございます)

お問い合わせフォーム

横浜市の外壁塗装&屋根・雨漏り専門店えいぶす・ペイント 外壁塗装&屋根・雨漏り専門店
えいぶす・ペイント

〒230-0042
神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
TEL:0120-303-882

日新産業 住まいの健康診断