MENU

横浜市の外壁塗装・屋根・雨漏りはえいぶす・ペイントにお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-882 受付時間 9:00~18:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがあります)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい クオカードプレゼント中

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 塗料について > 外壁塗装で1番人気のシリコン塗料とは?選ばれる理由や特徴を解説

外壁塗装で1番人気のシリコン塗料とは?選ばれる理由や特徴を解説

塗料について塗装の豆知識

2023.05.18 (Thu) 更新

横浜市・川崎市の皆様こんにちは!横浜の地域密着外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントの代表をしております、池原です。

現在、外壁塗装で使われる塗料は、大きく分けて「シリコン塗料」「フッ素塗料」「無機塗料」の3種類の塗料があります。それぞれの耐久性は下記の通りですが、それ以外にも様々な機能や役割がございます。

塗料の種類耐久性
シリコン塗料約10年
フッ素塗料約15年
無機塗料約20年

はじめて外壁塗装を検討する際に、特に悩みやすいのが塗料の種類の選定ではないでしょうか。この記事では、外壁塗装で使われる塗料でもっとも人気のある「シリコン塗料」はなぜ選ばれるのか、その特徴や、えいぶす・ペイントおすすめの商品をご紹介させていただきます!

すぐにお申込みされたい方
お電話から⇒0120-303-882
ホームページから⇒お問い合わせフォーム
横浜の地域密着外壁・屋根塗装専門店えいぶす・ペイントまでお気軽にご相談ください!

 

LINE簡単受付

外壁塗装のシリコン塗料とは

シリコン塗料は、塗膜となる「シリコン樹脂」、色や光沢をつける「顔料」、性能を高める「添加剤」、希釈に使う「水または溶剤」で構成される塗料で、外壁塗装でもっとも一般的に使われる塗料になります。

最近では、”ラジカル制御型”という機能を添加し、「チョーキング」という劣化現象を防ぐ、高耐久シリコンが主流になりつつあります!

外壁塗装でシリコン塗料が選ばれる理由

外壁塗装でシリコン塗料が選ばれる理由は、圧倒的なコストパフォーマンスの良さです。耐久年数こそ「フッ素塗料」「無機塗料」より劣りますが、その分価格は抑えられるので全く遜色はなく、クオリティに関しても非常に高いです。
シリコン塗料は、外壁塗装に使われる塗料のシェア率No.1なので、様々な機能が付加された商品が販売されており、選択肢がたくさんあるもの選ばれる理由の1つです。

外壁塗装のシリコン塗料の特徴

シリコン塗料は耐候性に優れており、日光や雨風によるダメージに強く、色あせや劣化が非常に少ないため、一度塗装すれば、10年以上は外壁の保護と美観を保つことができます。

塗膜が固いシリコン塗料は、撥水性能に優れ、雨や湿気などから建物を守ることが可能です。撥水性とは、水分が塗料表面に付着しにくい性質を指し、塗料表面に雨水などが溜まりにくくなることで、カビや藻の発生を抑制します。また、雨水は空気中の塵や汚れを運ぶことがありますが、シリコン塗料の撥水性により、汚れが外壁に付着しにくくなります。

外壁塗装のシリコン塗料の種類

「シリコン塗料」だけではなく、「フッ素塗料」「無機塗料」でも同じですが、塗料には「水性」「溶剤(油性)」「1液」「2液」と様々あり、大きく分けると4種類になります。

  • 水性×1液
  • 水性×2液
  • 溶剤(油性)×1液
  • 溶剤(油性)×2液

では、「水性」と「溶剤(油性)」、「1液」と「2液」の違いを簡単にご説明させていただきます。

「水性」と「溶剤(油性)」の違い

水で薄められているのが「水性」シンナーで薄められているのが「溶剤(油性)」になります。では、「水性」と「溶剤(油性)」どちらが良いのかというと、どちらも一長一短あるので一概には言えません。

【水性のメリット】

  • 匂いが少ない
  • 環境に優しい

【溶剤(油性)のメリット】

  • 密着性が高い
  • 乾燥が早い

溶剤(油性)の方が、「密着性が高く」「乾燥が早い」ので、塗料としての性能は優れてはいますが、現在では、技術の進歩により、水性塗料も溶剤塗料(油性)に劣らない性能があることと、住宅の外壁塗装では匂いの少ない水性塗料が使われることが一般的です。鉄部の塗装には主に溶剤塗料(油性)が使用されます。

一液型と二液型の違い

次に、塗料には「1液型」と「2液型」というのもあります。こちらも簡単に説明しますと、

「1液型」は、すでに硬化剤が配合されており、缶を開けてそのまま使える塗料になり、「2液型」は缶を開けて、「硬化剤」を混ぜてから使う塗料になります。

鉄部の下塗りや、屋根塗料などは密着性の高い「2液型」が最適かもしれませんが、こちらも技術の進歩により、外壁塗料などは「1液型」が主流となっています。それぞれの部位に対して、適切な塗料を使うことが大事になってきます。

シリコン塗料のメリット

シリコン塗料のメリットとしては、他の「フッ素塗料」「無機塗料」に比べて、耐久性は劣りますが、費用が比較的リーズナブルな点が一番のメリットになります。シリコン塗料の耐久性は約10年ほどですので、「10年持ってくれれば良い」「10年ごとにしっかりメンテナンスをしたい」という方には、最適な塗料になります。

また、昨今では「低汚染」「防カビ」「防藻」など様々な機能が備わったシリコン塗料があり、なんと言ってもそのバリエーションが多さがシリコン塗料が選ばれる理由の1つとなっています。外壁の困りごとから欲しい機能を選ぶことも可能なので、塗料選びに迷った方は、機能を参考にしてみると良いでしょう

シリコン塗料のデメリット

塗膜が固く、時間が経つほどひび割れしやすいのがシリコン塗料唯一のデメリットです。しいて他に言うなら基本的に、耐久性は約10年が目安になることでしょうか。10年ごとに塗り替えるのが面倒な方は、15年以上の耐久性を持つ「フッ素塗料」や「無機塗料」での外壁塗装をオススメしております。

えいぶす・ペイントのオススメのシリコン塗料

各メーカーからは様々なシリコン塗料が販売されています。ここからは、えいぶす・ペイントがオススメするシリコン塗料をご紹介させて頂きます。

アレスダイナミックTOP(関西ペイント)

関西ペイントのアレスダイナミックTOPは、塗膜劣化の原因物質であるラジカルの発生を抑え、樹脂性能を最大限に引き出すことができます。紫外線に強く、フッ素塗料に迫る高対候性をもっているのも魅力の1つ。超低汚染性能をもち、カビ、藻が付着しにくく臭気の少ない水性塗料になります。

ナノコンポジットW(水谷ペイント)

ナノコンポジットW

水谷ペイントのナノコンポジットWは、従来型水性塗料で使われているエマルション樹脂ではなく、ナノテクノロジーを駆使して開発された水性塗料用次世代型樹脂「ナノコンポジットエマルション樹脂」が使用されています。
この樹脂から水から蒸発すると、無数の超微粒子シリカが緻密かつ均一に分散したフィルムになり、無機質的な(石やガラスのような)特長を有することができます。これにより、防汚染性機能が備わり、雨によるセルフクリーニング機能が強化され、静電気の帯電を防ぎ、汚れの付着を防止することができます。

ビーズコートSi(スズカファイン)

スズカファインのビーズコートSiはラジカル制御されたシリコン樹脂により、長期にわたり撥水性を維持することができます。塗膜表面に凹凸構造を施すことで、ハスの葉と同様に雨などに濡れないロータス効果が再現され、超撥水効果により、塗膜への汚れも付着しにくくなっています。

まとめ

えいぶす・ペイントまでお気軽にご相談ください

外壁塗装で最も一般的に使用されるシリコン塗料について詳しく解説しました!
シリコン塗料は耐候性と撥水性に優れ、色あせや劣化が少ないため、一度塗装すれば10年は外壁の保護と美観を保つことができます。また、塗料の選択肢が多く、価格もリーズナブルであるため、コストパフォーマンスの観点からシリコン塗料は多くの方に選ばれる人気の塗料になっています。

本日ご紹介したシリコン塗料を含め、えいぶす・ペイントでは様々な種類や機能をもつ塗料を取り扱っております。屋根・外壁のことで知りたいことや、何かお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください!!

すぐにお申込みされたい方
お電話から⇒0120-303-882
ホームページから⇒お問い合わせフォーム
横浜の地域密着外壁・屋根塗装専門店えいぶす・ペイントまでお気軽にご相談ください!

 

LINEバナー

 

えいぶす・ペイント施工事例リンク

横浜の地域密着外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントの施工事例はこちら

 

えいぶす・ペイントショールームリンク

横浜の地域密着外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイント自慢のショールームページはこちら

 

えいぶす・ペイントショールーム商品ページリンク

横浜市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントこだわりの商品ページはこちらから

 

えいぶす・ペイントショールーム問い合わせページリンク

横浜の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントへのお問い合わせ・ご相談はこちらから!!

 

私が担当しました!

池原繁尊しげ・いけちゃん

えいぶす・ペイントのサービスを通して一人でも多くのお客様を笑顔にできるよう精進してまいります。

所有資格
  • 雨漏り鑑定士
  • 外装劣化診断士
  • GAINA MASTER

外壁塗装&屋根・雨漏り専門店 えいぶす・ペイントへようこそ

株式会社EIVS

代表取締役 池原 繁尊
ikehara shigetaka

はじめまして。えいぶす・ペイント(株式会社EIVS)の池原と申します。

生まれ育った横浜市鶴見区で塗り替え専門店を営んでおります。
『ひとりでも多くの人を笑顔にする』という経営理念のもと、
十数年に一度の大切なお家の塗替え工事を、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、「笑顔」になっていただけるよう、お客様に寄り添った工事をご提案して参ります。

横浜は海が近いこともあり、外壁・屋根の劣化が比較的早い地域です。そのため、外壁・屋根は皆様が思うよりはるかに劣化が進んでしまいます。ぜひ一度、外壁・屋根診断を受けていただき、外壁塗装・屋根塗装をご検討していただきたいと思っております。

横浜市の外壁・屋根でお困りの方は、えいぶす・ペイントにご連絡ください。私たちが責任をもって施工いたします。

株式会社EIVS 代表取締役 池原繁尊

  • 鶴見本店ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイント鶴見本店ショールーム

    〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~18:00(定休日:日曜日)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 港北綱島店ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイント港北綱島店ショールーム

    〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町3丁目9−46
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~18:00(定休日:日曜日)

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

0120-303-882
受付時間 9:00~18:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがあります)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 無料 外壁塗装ショールームへお越しください!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-303-882 受付 9:00~18:00(スタッフ不在時は電話に出られないことがあります)

お問い合わせフォーム

横浜市の外壁塗装&屋根・雨漏り専門店えいぶす・ペイント 外壁塗装&屋根・雨漏り専門店
えいぶす・ペイント

【鶴見本店ショールーム】
〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
TEL:0120-303-882

【港北綱島店ショールーム】
〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町3丁目9−46
TEL:0120-303-882

日新産業 住まいの健康診断 外壁塗装の優良会社紹介ヌリカエ