MENU

横浜市の外壁塗装・屋根・雨漏りはえいぶす・ペイントにお任せ

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-303-882 受付時間 9:00~18:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがあります)

  • 外壁塗装ショールーム 来店予約
  • まずは3社の見積を比較 お見積依頼 お気軽に連絡下さい クオカードプレゼント中

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装の豆知識 > 外壁塗装の基礎知識 > 外壁からの雨漏りの原因とは?こんな症状があったら要注意!

外壁からの雨漏りの原因とは?こんな症状があったら要注意!

皆さんこんにちは!横浜の外壁塗装・屋根工事・雨漏り専門店えいぶす・ペイントです!

雨漏りって屋根からするイメージがありますよね。実は屋根だけではなく、外壁から雨漏りするケースも多くあります。

原因の特定が難しいとされている雨漏りですが、いったいどのような症状が出たら外壁からと判断できるのでしょうか。

今回の記事では、外壁からの雨漏りの原因と対処法、気をつけて見ておきたい症状をご紹介します。

すぐにお申込みされたい方
お電話から⇒0120-303-882
ホームページから⇒お問い合わせフォーム
横浜の地域密着外壁・屋根塗装専門店えいぶす・ペイントまでお気軽にご相談ください!

 

LINE簡単受付

外壁からの雨漏りは実は多い!!

雨染みイメージ画像

年数が経過し、外壁の劣化が進むと、数々の不具合が建物に襲っていきます。外壁の劣化によって起きてしまう不具合の一つが「雨漏り」です。

雨漏り=屋根からと思う方もいると思いますが、実は屋根ではなく、外壁が原因で雨漏りが発生しているケースは意外と多いのです。

雨漏りが発生、その雨漏りを放置してしまうと、どんどん建物の骨格が腐食してしまい、お住まいの皆様に危険を晒してしまうので早急に対処しなくはなりません!

しかし、雨漏りの修理は困難であり、依頼した業者によっては状況が悪化してしまうパターンもあります。

外壁からの雨漏りの原因と対処方法

台風等で強い雨風が発生した際、勿論屋根は濡れてしまいます。同じく、外壁も強い雨風が起これば濡れますよね。

基本的に屋根・外壁含め私たちの住まいは、雨漏りしないように作られておりますが、年数の経過と共に屋根や外壁が劣化すると、様々な不具合が発生し、雨水が発生した際外壁から室内に侵入してしまうこともあります。
 
建物の役割は、当然のことながら雨や風から人々の生活を守ることですが、外壁からの雨漏りが起きてしまうのにはいくつかの原因があります。雨漏りが外壁から発生した場合、以下の原因が挙げられます。

外壁材の劣化

実は、外壁に使われる建材自体は素材として雨水や紫外線に長期間耐久できるように作られておりません。塗装を施して、雨水や紫外線等の外部からのダメージから守るようにしているのです

外壁塗装が年数と共に劣化して防護する力がなくなってしまうと、外壁の建材そのものが雨水や紫外線のダメージを直接受けてしますことになります。

外壁材の劣化が進行してしまった場合、外壁にひび割れが生じたり、変形が起きてしまい隙間ができてしまいます。その隙間やひび割れから雨水が侵入、室内への雨漏りの原因になります。

定期的な塗装のメンテナンスを行っていくことで外壁材の劣化による雨漏りは防ぐことができますが、年中雨風にさらされているお住まいの劣化自体は防ぎようがないからこそ、定期的な外壁塗装によって建物を守ることが必要になるのです。

外壁のひび割れや傷

常に雨風にさらされている外壁。特に台風のような強風の日には、石などの硬いものや、大きな植木鉢など飛ばされて外壁にぶつかる可能性もでてきます。

また、自然災害(地震など)によって、ひびが外壁に入ってしまう恐れもでてきます。台風や地震などの大きな自然災害の直後、雨漏りが発生した場合、外壁のどこかに傷が発生してしまった可能性があります。

外壁の塗装自体に劣化がない場合でも、上記のトラブルが起きた場合、外壁自体に傷が発生し、外壁から雨漏りが起きてしまうことも。大きな自然災害の後はこのようなケースが多く発生しますので、災害が収まった後はよく観察してみてください。

シーリング材の劣化や破損

窓やドアの周りのシーリング材が劣化や破損すると、雨水が侵入しやすくなります。

シーリング材の劣化は、紫外線や温度変化、経年劣化によるものが一般的です。定期的にシーリング材の状態を確認し、必要に応じて補修や交換を行います。また、高品質なシーリング材を選択することで、劣化の進行を遅らせることができます。

サイディングの剥がれや破損

サイディングが剥がれたり破損したりすると、雨水が外壁内部に侵入しやすくなります。

経年劣化や衝撃、施工不良などが主な原因となります。定期的にサイディングの状態を確認し、問題が見つかった場合は適切な補修や交換を行うことが大切です。

バルコニーやテラスの防水不良

バルコニーやテラスの防水が不十分な場合、外壁から雨水が侵入しやすくなります。

防水層の劣化や施工不良が原因となることが多いです。定期的にバルコニーやテラスの防水状態を確認し、必要に応じて補修や改善を行います。

外壁にこんな症状が見られたら要注意!!

注意喚起イメージ画像

外壁からの雨漏りを疑ったほうがいい場合とは以下のような兆候があげられます。

外壁に目視できるひび割れがある

外壁材の本体にひび割れが生じている場合、そのひび割れから雨漏りが発生してしまう可能性が出てきます。

そのひび割れが外壁の中まで貫通していると、当然ながらそこから雨水が侵入してしまいます。そしてそのひび割れの幅が『1mm』以上ある場合。外壁が原因で雨漏りしている可能性が高くなります。

なお、そのひび割れが外壁塗装の塗膜だけの場合、雨漏りの心配はありません。

※塗膜のひび割れも、外壁塗装の塗り替えの兆候なので早めの外壁塗装をおすすめします。

シーリングが劣化している

外壁材には繋ぎ目があります。その繋ぎ目をシーリングというゴム状の建材で塞いでおり、シーリングも外壁塗装同様に、年数と共に劣化していきます

通常シーリングはゴムのように柔らかい感触ですが劣化が進むと硬くなってしまい、最終的にひび割れてしまいます。ひび割れが生じた箇所から雨水が侵入してきてしまいます。

もし、シーリングを触ってみて硬くなってしまっている場合、シーリングがひび割れている状態は、劣化がかなり進行しておりますので、シーリングの打ち替えを検討してください。

外壁の一部が変色が極端である

極端に外壁の一部が変色している場合、変色している箇所に不具合が生じている可能性があります。

窓や換気フード等の汚れが激しい部分は一般的ですが、そうではない外壁の一部分のみ変色している場合、外壁の浮き等で雨漏りが発生している可能性が出てきます。

ベランダの裏側や外壁の接着部分等雨漏りが発生しやすい箇所になります。外壁の色等、見た目に変化している箇所がないかチェックしてください。

雨漏りの調査は信頼のできる業者へ!

雨漏り調査を依頼した際、とにかく塗装すれば雨漏り解決します!なんていう悪徳業者が存在するのも事実です…。調査をしっかりしないのに最初から塗装を勧めてくる業者は、本来必要ではなかった外壁塗装をして無駄な費用を発生させようという可能性があるので、十分注意が必要です。

雨漏りの原因を突き止めることが困難であることは、雨漏りに詳しい業者であれば熟知しているはずです。なので、調査をせずに雨漏り対策で安易に外壁塗装を勧めることはまずありません。

勿論しっかりとした調査をしたうえで、外壁塗装のみで雨漏りが解消された施工事例もございます。しかし、とにかく塗装すれば解決するよ!ということはあり得ません。優良な業者を見極め、最適な費用で雨漏りを解決していきたいですよね。

まとめ

えいぶす・ペイントまでお気軽にご相談ください

外壁からの雨漏りの原因と、当てはまったら要注意な外壁の症状をご紹介しました。外壁からの雨漏り原因の特定はとても難しいとされています。雨漏りして初めて慌てて業者を探すのではなく、予め雨漏りがおこりえることを想定して信頼できる業者選びをしておくと良いかもしれませんね。

えいぶす・ペイントは雨漏り診断士の資格を取得している社員が多数在籍しております。屋根・外壁の雨漏りでお困りのことがございましたら、お気軽にえいぶす・ペイントまでご相談くださいませ。

すぐにお申込みされたい方
お電話から⇒0120-303-882
ホームページから⇒お問い合わせフォーム
横浜の地域密着外壁・屋根塗装専門店えいぶす・ペイントまでお気軽にご相談ください!

 

LINEバナー

 

えいぶす・ペイント施工事例リンク

横浜の地域密着外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントの施工事例はこちら

 

えいぶす・ペイントショールームリンク

横浜の地域密着外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイント自慢のショールームページはこちら

 

えいぶす・ペイントショールーム商品ページリンク

横浜市の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントこだわりの商品ページはこちらから

 

えいぶす・ペイントショールーム問い合わせページリンク

横浜の外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店のえいぶす・ペイントへのお問い合わせ・ご相談はこちらから!!

 

外壁塗装&屋根・雨漏り専門店 えいぶす・ペイントへようこそ

株式会社EIVS

代表取締役 池原 繁尊
ikehara shigetaka

はじめまして。えいぶす・ペイント(株式会社EIVS)の池原と申します。

生まれ育った横浜市鶴見区で塗り替え専門店を営んでおります。
『ひとりでも多くの人を笑顔にする』という経営理念のもと、
十数年に一度の大切なお家の塗替え工事を、一人でも多くの方に喜んでいただけるよう、「笑顔」になっていただけるよう、お客様に寄り添った工事をご提案して参ります。

横浜は海が近いこともあり、外壁・屋根の劣化が比較的早い地域です。そのため、外壁・屋根は皆様が思うよりはるかに劣化が進んでしまいます。ぜひ一度、外壁・屋根診断を受けていただき、外壁塗装・屋根塗装をご検討していただきたいと思っております。

横浜市の外壁・屋根でお困りの方は、えいぶす・ペイントにご連絡ください。私たちが責任をもって施工いたします。

株式会社EIVS 代表取締役 池原繁尊

  • 鶴見本店ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイント鶴見本店ショールーム

    〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~18:00(定休日:日曜日)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 港北綱島店ショールーム アクセスマップ

    えいぶす・ペイント港北綱島店ショールーム

    〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町3丁目9−46
    TEL:0120-303-882
    営業時間 9:00~18:00(定休日:日曜日)

    ショールームについて詳しくはコチラ

相談無料 見積無料 診断無料 お気軽にお電話ください

0120-303-882
受付時間 9:00~18:00
(スタッフ不在時は電話に出られないことがあります)

無料お見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 無料 外壁塗装ショールームへお越しください!! カラーシミュレーション

お見積・資料請求はこちらから

0120-303-882 受付 9:00~18:00(スタッフ不在時は電話に出られないことがあります)

お問い合わせフォーム

横浜市の外壁塗装&屋根・雨漏り専門店えいぶす・ペイント 外壁塗装&屋根・雨漏り専門店
えいぶす・ペイント

【鶴見本店ショールーム】
〒230-0042 神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54−23
TEL:0120-303-882

【港北綱島店ショールーム】
〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町3丁目9−46
TEL:0120-303-882

日新産業 住まいの健康診断 外壁塗装の優良会社紹介ヌリカエ